芝刈り機の分類の仕方

スポンサードリンク

芝刈り機の分類の仕方

芝刈り機には様々な種類がありますが、動力の違いか刈り刃の違いで分類ができます。
まず動力とはどのようにして芝刈り機が動くかということです。
動力での分類は手動式、電動式、エンジン式の3つに大きく分けられます。

 

手動式とはもちろん手で動かすタイプなので、広い敷地には向きません。
しかしその分安価なので、ほんの少しだけ刈りたいという時に便利です。
30坪以上であれば電動式がいいですが、100坪以上となるとエンジン式の方が効率よく刈れます。

 

刈り刃は芝を刈る刃のことで、ロータリー式とリール式、バリカン式の3種類に分類できます。
こちらは特に敷地の広さで使い分けるのではなく、仕上がりの違いや芝の長さで選びます。
芝も長くて刈りにくいタイプがあるのですが、その場合はロータリー式が向いています。
バリカンは細かい部分の芝刈りに向いています。

 

敷地の広さや形状、芝の長さによって、複数の芝刈り機を上手に使い分ける人もいますね。
価格だけにとらわれず、それぞれの芝刈り機の特徴をちゃんと理解して用途にあったものを選びましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク